私の終活 やはり「酒と山と児童少年少女小説」を続けます。

孫への遺書 八番「隣の赤子」(4)

昼下り 住人は略仕事に出払っています。アp-トに残って居るのは 信太山老人だけです

隣のことは 音さえあれば老人にはすべてが御見通しなのです。

母親のケイタイが鳴りました。アルサロの同僚が[近くに来ているけど 一寸お金かしてくれない・・」と 慌てているのです。

断るのが筋だけれども 邪険にしたくない同僚の女性でした どうせ パチンコにでも負けがこんでいるのでしょう。

新世界なら 「すぐ行くから」と 軽く言ったのでした。

赤子は眠っている。 往復に十五分もあればOKだろう

「お利口だから お留守場お願いネ」 頭を撫ぜて 母は出かけたみたいです・・・ 鍵かける音,急ぎ階段を下りる足音を老人は耳にあ耳にしています

ところが 友人に金を渡して戻りかけたとき あまり顔を合わせたくない昔の友人に出会ってしまったのでした。

何を知りたいのかやたらに質問をしてくるのです。

「今どこの店にいるの?」「アパートは同じ?」「子供は元気?」

早く戻らないと、気が焦る。子供も連れてくるんだった。悔やまれる。  

「あの男 どうしている? 今でも一緒?」 もー止めてくれ・・・

「ごめん ごめん  急いでいるから・・・バイバイ」一目散に走りだしていました。

 

 一方アパートでは 先ほどから信太山老人は 隣室の様子が気になって落ち着きません。 と言うのも・・・先ほどから

「ヒック ヒック」と音が大きくなります。

これは、赤子の声に違いありません。 「あれー あの子ではないか・・・?」

さっき お母さんは急いで出かけた様子だったけれども。

「エッ まさか?」

自分一人で出て行ったのかよ? 赤んぼを 1人で置いて行ってのですか?  

「ヤレヤレ 今どきの若いお母さんは・・・」老人は苦笑します。

 それにしても あれからもう一年になるのか・・・。あの便所騒動からです。

もう 大部大きくなったでしょうに・・・。老人は 一寸感傷気味

になるのでした

 すると 隣の部屋からは 「ウエッ ウエッ」と赤子が 母親がいないのを知って どうやらグズリ始めたようなのです。

お母さん どっかに行っちゃたーーー

 

一気に赤子は 「ギャーーー」と銅鑼鐘のように泣きだしたのでした。爆発です・ 

老人は困りました。と言って困ってばかりもおれない気持ちです

お母さんが居ないとなると ここは俺一人 なんか『いい恰好でもいたくなるのでした

耳元で ギャーギャー泣かれたら知らんふりも出来ないではありませんか

廊下に飛び出し 隣のドアーに手をかけてみると 鍵がかかっています。「赤ん坊を一人置いて しかも鍵をかけて行く」

ばか野郎――― と 老人は怒鳴るしかないのでした  大阪のマンションンで 母親が冷蔵庫カラで 子供を二人も置いて鍵かけて おまけに声が漏れないようにかテープで密閉までして 男とのデートの間に子供を殺してしまった嫌な事件を思い出していたのでした。

この時間 管理人の小母さんはいない。自宅に帰っているのです。

赤子の泣き声は もはや絶叫に近い。このままほっておいたら それこそ最悪の事態に成り兼ねません。

               continue 

  

 

 

私の終活 やはり「酒と山と児童少年少女小説」が続きます。中津さんそん

孫への遺書 八番「隣の赤子」(3)


そ隣の赤子」(3)
れによると 名前を鳴海ゆきと言い 親も西成だし自分も西成生まれでです。
中学を出て三年くらいだから、正確には未成年の母親の筈です。
昼はスーパーでパートをやり 夜はミナミでホステスをやって子供を育てている。
「真面目な良い子なんだよ」と おばさんはベタ褒めです。
 このアパートは 子持ちは禁止です。 ですから昼は市営の保育所に預け夜はこの近くの保育所に頼んだでいるのです。二十四時間他人に預けらている子供なのでした。
母子一緒に暮らしたいのですが ゆきは子育ての知識ゼロですから 自分から進んでこの道を選んだのでした。 彼女の家庭を夢見る気持ちは切なるものですが ゆきは我慢しました。
先ず お金を貯めることを一番としました。
親も姉弟もない女です 哀しいことに 家族とか家庭と言うものの空気も実際も知らない  だが自信はある  ある程度の最低の金があれば子育ては出来る。 勿論経験はないけど 「やってやる!」という負けん気は人一倍ある。 それに何よりも 命にかけても子供を大事にする覚悟が強い。 
 管理人のおばさんは 施設を進めたが これだけは頑として承知しませんでした。
実は ゆき自身 もの心ついてからは ずっと天王寺の施設育ちであったのです。
 今のところ アパートには寝に来るだけです。 パートにホステス 昼夜馬車馬のごとく働いて貯金に頑張っております。
時々 赤子を静かに静かにアパートに連れてきて一緒に寝ているらしいことに 迂闊にも老人は気が付きませんでした。尤も 老人は名うての酒のみですから それもありかと思います。
「でもね 昨夜みたいなことがあるとねエ」
と おばさんは優しいだけに 困った顔をするのでした。
 翌日には赤子の気配は消えていました。
狭い間仕きりのアパートでは 赤ん坊の泣き声はやはり御法度でしょう

 早朝の七時頃ジョギングから帰ると 玄関でアイシャドウを半ば剥がした珍妙なパンダに出会いました。「誰や こんな時間に・・・」 ところが 「おはようございます」と 場違いに丁寧に挨拶をされて老人は一瞬身を引いたほどでしたが 即
「あっ お隣さん」と 気が付いて 思わず「お帰りなさい」
痛々しいほど疲れている。それでも 老人には”若さ”は やはり眩しいものです。
一寸 嬉しくなります。
 あのトイレ騒動から一年がたっております。
隣室には かすかに人の気配がつづいております。若いお母さんは まだまだ頑張っているのでしょう。時には真夜中 「クッ クッ クッーーー」と 引きつる声に老人は目覚めるのです。「アッ あの子が来ている」 感動だった。
そろそろ 歩き始めたのではないかな・・・
「ボソボソ」と お母さんが ムツカルのを懸命に抑えている息使いです。 相変わらず大変のようです。
 管理人のおしゃべりによると 子供はやはり保育所生活ですが これからは 毎週母親とアパートで一泊二日となるでしょうと 我が事のごとくに喜んでいるのです。 赤子も大きくなって扱い方も慣れてきたみたいです。
 老人は 母子とトイレや玄関で行きかうこともあり 軽く目礼を交わす程度ですが これが老人には 今日今の生き甲斐となっています。 <すれ違った>だけで 一日中浮き立つのでした。
 男の声が全くしないのも この母子の”訳あり”を物語っているようです。ですが この母子。一年前と比べると まるで違うのです、雰囲気が。  自信の張りが身体中に感じるのです。
 信太山老人は 「少女の自立は大丈夫だ」と 喜び半分、「もしや お金も貯まったことだし、引っ越しするんじゃないのか?」と 気もそぞろなのでした。
continue

 

 

私の終活 やはり「酒と山と児童少年少女小説」が続きます。中津さんそん

孫への遺書 八番「隣の赤子」(2)
これはこれで 事はおさまりました 。
老人以外は無人のアパートです。トラブルになりようがなかったのです。 老人自身もめ事は苦手ですから。
 ところが 真夜中の一時頃 西どまりの共同便所から 凄い赤子の泣き声がアパート中を震わせたのっでした。
老人は 跳ね起きた。
何処からも 「うるさい!」の怒号は飛んでこない。多分 アパート中が目覚めてしまったのに違いないのに・・・  {それにしても 子供の声とは珍しいこっちゃ」と 苦笑いしているのか怒っているのか
こんな平和な山王アパートですけれども 一年に一度や二度ぐらいは 男か女の殴り込みがあり痴話喧嘩が続くものです。これは吉本より面白い。これに出くわすのも住人の楽しみなのです。
今度は 「たかが赤ん坊じゃないか」と 皆さん知らんふりして寝ているだけです。
 一方 便所では
赤子の突然の暴発に 親は困り抜いております。その狼狽ぶりは想像できます
気の毒以外の何ものでもない。ここは お節介せざるを得ない。
ところが老人は 廊下に出しなに 赤ん坊を抱いた若い女の出くわしたのでした
[すみません すみません」と 繰り返すのです。「お騒がせして すみません」
どうやら この老人を 怒って飛び出してきた怖い人と勘違いをしたようです。 若い女は オドオドと 恐怖と警戒で目を泳がせております。
 <これが母親?>
信太山老人は びっくりしました。信じられないくらい若い。若すぎる。まだ高校生じゃないか・・・
頭を下げながらも 少女は子供を守りながらも身構えている
例え老人でも 相手は何をするか分からないのです。
ところが老人からは 思いもかけず 優しい声が返ってきた。
「大変ですネー」    「でも大丈夫 大丈夫 別に病気の泣き方じゃないようですから・・・」  自分でも苦笑するほど 経験者ぶった慰め方をするのでした。 
若い母親は ホッと安心したのか、「ありあとうございます おやすみなさい」と 頭を下げると足早に部屋に入っていったのでした。
 管理人のおばさんは話が好きだ。尋ねもしないことでも しゃべるわ 喋るわ 聞き手はいつもストップをかけるタイミングに苦労させられます。
アパートの住人情報は無論のこと この町のことなら 今のことでも過去のことでも やたらに詳しい。 驚きと言うより嫌になってしまうこともある。 でもまあ 聴いている分には面白い。 罪があるような 無いような年寄りです。
 昨夜の<赤ちゃん騒動>のことは先刻ご承知です
管理人は 何故か信太山老人を信用しています。 早速 若い母親の秘密を特別に話してくれました。
             continue


私の終活 やはり「酒と山と児童少年少女小説」が続きます。中津さんそん

孫への遺書 八番「隣の赤子」(1)

西成山王町の一角に山王アパートはあります。かなり時代がかった木造二階の昔の

学校校舎みたいな感じです。何故って ボロのくせに不相応にデカイ。実は 築80年の町一番の強者なのです。

一階二階ともに三畳の個室が廊下をはさんでハーモニカみたいに整然と並んでいる。その廊下がやけに幅広い。あれ京間と言うのですか 今どきチョット他ではお目にかかれない代物でしょう。

ドアーを開けても そこには三畳の空間があるだけ、水場も便所もない。寝る以外には用途のない個室なのでした。

共同便所が一・二階ともに西の突き当りに清潔そのものと言ったものがあります。。その反対の東突き当りは共同炊事場らしくガス台があるのに 使用されている形跡は全くない。居住者には多分無用の長物なのでしょう。 彼等には ”静か”でありさえすれば何も文句はありません・

 二階の一室に信太山老人は住んでおります。

老人は仕事はしておりません 安い年金生活です。近くの市営住宅に娘がいるのですが四人の子育て奮闘中です。心ちゅう<皆さんにお迷惑にならないように>と頑張り続けております年寄りです。

言わば この

住居は老人の隠居所と言えましょうか  

ですから、昼間はこの広い廃校舎みたいなアパートにいるのは信太山老人一人と言うことになるのです。

 実は老人、昨日から となりの部屋から赤子の泣き声が漏れてきて気になって仕方がないのです。

泣き方から推量すると どうやら当歳であろう  家の娘のところと同じ声だから。だから尚のこと気にかかるのでした。

 泣き声が始まると 立ちあがって部屋中をウロウロし始めます。 薄いベニヤ板の壁では隣の声は筒抜けなのです。江戸時代の長屋と同じです。

テレビはイヤホーンが暗黙の規則です。

朝 暗いうちから仕事に出て 終わって 風呂に行って 酒飲んで 飯食って 寝ることを繰り返す毎日です。 何はともあれ 睡眠が保障されたら ここは天国釜ヶ崎!と言うことになるのです。

 アパートは 静かでありたい。

昼間は無人ですから 当然“静か”なのに 赤子の泣き声とは これ 如何に? どういうこと?

「ヒック ヒック」

確かに 幼子だ。 なのに(1)(元気がない。

。 ここは 家族者が生活するような所ではありません。誰かが息を殺して隠れているような雰囲気です、しかも 

子供ずれで・・・

こりゃ ヤバイじゃないか・・・老人は心の中で怒鳴りました。

<何を恐れているのですか? ヤバイことは ご自分一人で責任持ってくださいね

子供を巻き添えにはしないでくださ>(1」

 実は老人 バカが付くほど早ガテンで有名です。

個々の住民は 他人の“訳あり”には 口を挟まないのが習慣になっております 余計なお世話なのに この老人は特別製なのです。

 でも 老人は心配なのです。

“子供殺し“は 駄目よ。今は誰もいないから、思い切り泣いた泣いたーーー

               continue 

私の終活 やはり「酒と山と児童少年少女小説」が続きます。中津さんそん

酒と終活

先日 孫たちを囲んで ママ友さんたちにもご参加いただき食事会を持ちました。

熟女連に圧倒されて 老生は舞い上がり はしなくもかなりのご酩酊 ラッキーにも

楽しいひと時を 持つことが出来ました

帰りは三人の男の子に助けられました。本当に頼りになる孫たちです。

酒が続く小生は 終活どころか終焉ではないかと 恥じ入るばかりです

 孫への遺書は 七番「施設の子」を済ませましたので 八番「隣室の赤子ー大阪西成山王アパート」を始めます・

 一応 十五番までドラフトは出来ているのですが このペースですと あと二年はかかるかと ビビっております。

               continue。

私の終活 やはり「酒と山と児童少年少女小説」が続きます。中津さんそん

孫への遺書 七番「施設の子」(17)

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?
由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。
 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。
 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。
意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。
 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 
すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか
青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 
 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。
社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」
 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。
姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。
成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。
 案の定 悪い予感が的中しました。
「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」
弟は 男っぽい口調で説明するのでした。
うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。
それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。
 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです
せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。
弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。
 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら
私の立場はどうなるんよう?
将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら
「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね
お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」
と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・
それが駄目になってしまった
 (早く自立して 姉を自由にさせたい)
やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 
姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 
最高のご機嫌顏をつくって
「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。
指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。
由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・
 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。
貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。
                   おわり

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?
由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。
 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。
 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。
意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。
 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 
すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか
青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 
 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。
社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」
 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。
姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。
成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。
 案の定 悪い予感が的中しました。
「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」
弟は 男っぽい口調で説明するのでした。
うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。
それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。
 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです
せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。
弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。
 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら
私の立場はどうなるんよう?
将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら
「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね
お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」
と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・
それが駄目になってしまった
 (早く自立して 姉を自由にさせたい)
やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 
姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 
最高のご機嫌顏をつくって
「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。
指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。
由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・
 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。
貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。
                   おわり

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 

 

 

 

 

 結局どうなったのか?

由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。

 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。

 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。

意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。

 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 

すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか

青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 

 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。

社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」

 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。

姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。

成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。

 案の定 悪い予感が的中しました。

「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」

弟は 男っぽい口調で説明するのでした。

うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。

それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。

 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです

せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。

弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。

 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら

私の立場はどうなるんよう?

将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら

「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね

お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」

と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・

それが駄目になってしまった

 (早く自立して 姉を自由にさせたい)

やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 

姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 

最高のご機嫌顏をつくって

「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。

指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。

由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・

 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。

貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。

                   おわり

 

 結局どうなったのか?
由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。
 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。
 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。
意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。
 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 
すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか
青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 
 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。
社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」
 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。
姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。
成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。
 案の定 悪い予感が的中しました。
「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」
弟は 男っぽい口調で説明するのでした。
うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。
それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。
 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです
せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。
弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。
 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら
私の立場はどうなるんよう?
将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら
「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね
お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」
と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・
それが駄目になってしまった
 (早く自立して 姉を自由にさせたい)
やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 
姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 
最高のご機嫌顏をつくって
「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。
指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。
由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・
 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。
貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。
                   おわり

 

 

 

 結局どうなったのか?
由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。
 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。
 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。
意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。
 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 
すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか
青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 
 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。
社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」
 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。
姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。
成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。
 案の定 悪い予感が的中しました。
「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」
弟は 男っぽい口調で説明するのでした。
うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。
それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。
 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです
せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。
弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。
 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら
私の立場はどうなるんよう?
将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら
「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね
お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」
と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・
それが駄目になってしまった
 (早く自立して 姉を自由にさせたい)
やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 
姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 
最高のご機嫌顏をつくって
「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。
指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。
由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・
 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。
貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。
                   おわり

 

 

 

 結局どうなったのか?
由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。
 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。
 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。
意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。
 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 
すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか
青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 
 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。
社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」
 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。
姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。
成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。
 案の定 悪い予感が的中しました。
「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」
弟は 男っぽい口調で説明するのでした。
うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。
それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。
 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです
せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。
弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。
 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら
私の立場はどうなるんよう?
将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら
「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね
お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」
と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・
それが駄目になってしまった
 (早く自立して 姉を自由にさせたい)
やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 
姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 
最高のご機嫌顏をつくって
「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。
指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。
由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・
 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。
貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。
                   おわり

 

 

 

 結局どうなったのか?
由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。
 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。
 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。
意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。
 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 
すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか
青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 
 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。
社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」
 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。
姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。
成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。
 案の定 悪い予感が的中しました。
「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」
弟は 男っぽい口調で説明するのでした。
うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。
それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。
 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです
せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。
弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。
 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら
私の立場はどうなるんよう?
将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら
「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね
お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」
と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・
それが駄目になってしまった
 (早く自立して 姉を自由にさせたい)
やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 
姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 
最高のご機嫌顏をつくって
「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。
指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。
由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・
 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。
貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。
                   おわり

 

 

 

 結局どうなったのか?
由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。
 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。
 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。
意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。
 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 
すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか
青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 
 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。
社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」
 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。
姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。
成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。
 案の定 悪い予感が的中しました。
「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」
弟は 男っぽい口調で説明するのでした。
うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。
それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。
 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです
せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。
弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。
 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら
私の立場はどうなるんよう?
将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら
「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね
お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」
と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・
それが駄目になってしまった
 (早く自立して 姉を自由にさせたい)
やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 
姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 
最高のご機嫌顏をつくって
「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。
指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。
由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・
 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。
貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。
                   おわり

 

 

 

 結局どうなったのか?
由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。
 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。
 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。
意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。
 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 
すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか
青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 
 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。
社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」
 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。
姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。
成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。
 案の定 悪い予感が的中しました。
「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」
弟は 男っぽい口調で説明するのでした。
うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。
それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。
 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです
せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。
弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。
 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら
私の立場はどうなるんよう?
将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら
「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね
お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」
と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・
それが駄目になってしまった
 (早く自立して 姉を自由にさせたい)
やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 
姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 
最高のご機嫌顏をつくって
「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。
指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。
由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・
 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。
貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。
                   おわり

 

 

 

 結局どうなったのか?
由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。
 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。
 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。
意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。
 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 
すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか
青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 
 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。
社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」
 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。
姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。
成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。
 案の定 悪い予感が的中しました。
「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」
弟は 男っぽい口調で説明するのでした。
うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。
それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。
 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです
せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。
弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。
 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら
私の立場はどうなるんよう?
将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら
「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね
お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」
と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・
それが駄目になってしまった
 (早く自立して 姉を自由にさせたい)
やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 
姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 
最高のご機嫌顏をつくって
「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。
指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。
由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・
 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。
貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。
                   おわり

 

 

 

 結局どうなったのか?
由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。
 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。
 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。
意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。
 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 
すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか
青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 
 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。
社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」
 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。
姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。
成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。
 案の定 悪い予感が的中しました。
「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」
弟は 男っぽい口調で説明するのでした。
うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。
それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。
 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです
せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。
弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。
 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら
私の立場はどうなるんよう?
将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら
「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね
お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」
と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・
それが駄目になってしまった
 (早く自立して 姉を自由にさせたい)
やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 
姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 
最高のご機嫌顏をつくって
「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。
指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。
由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・
 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。
貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。
                   おわり

 

孫への遺書  七番「施設の子」(17)

 

 

 結局どうなったのか?
由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。
 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。
 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。
意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。
 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 
すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか
青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 
 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。
社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」
 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。
姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。
成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。
 案の定 悪い予感が的中しました。
「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」
弟は 男っぽい口調で説明するのでした。
うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。
それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。
 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです
せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。
弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。
 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら
私の立場はどうなるんよう?
将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら
「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね
お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」
と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・
それが駄目になってしまった
 (早く自立して 姉を自由にさせたい)
やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 
姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 
最高のご機嫌顏をつくって
「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。
指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。
由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・
 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。
貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。
                   おわり

 

 

 

 結局どうなったのか?
由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。
 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。
 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。
意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。
 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 
すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか
青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 
 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。
社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」
 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。
姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。
成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。
 案の定 悪い予感が的中しました。
「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」
弟は 男っぽい口調で説明するのでした。
うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。
それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。
 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです
せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。
弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。
 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら
私の立場はどうなるんよう?
将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら
「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね
お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」
と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・
それが駄目になってしまった
 (早く自立して 姉を自由にさせたい)
やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 
姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 
最高のご機嫌顏をつくって
「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。
指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。
由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・
 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。
貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。
                

 

 

 結局どうなったのか?
由紀子と青年の結婚はブレイク。 当然 幸太郎を連れての三人の熱海行はオジャンです。
 若者だけが 一人熱海に去りました。 由紀子幸太郎姉弟は 今までどおり この村に生活しております。
 青年は 由紀子から「熱海には行けない、 今までのことは どうか 無しにしてください。お願いします」と それこそ頭を地面につけんばかりに最敬礼をされたとき 暫し 意味が解らず ポカーンとしていました。
意味が解りだすと 若者は 狂ったように怒り出しました。
 二人は 愛し合っています。弟幸太郎の問題も解決しているではないか 何を今さら 
すべてを解消させなければならない理由がどこにあるのでしょうか
青年が怒り恨む言葉は 全てが至極尤もなことです。由紀子は ただ頭を下げるしかないのでした。 
 青年は まる一昼夜部屋にこもりきり、誰にも会わず二日目の真夜中に出奔しました。
社長に置手紙がありましたが 優等生の彼には 耐え難い敗北感ではなかったかと、茶壷の業連たちは言っております。「奴は 一生女嫌いになるかもな・・・」」
 由紀子にしても 男の誠意を裏切ってしまったことに 平静でおられるものでは無かったのでしたが・・・」」

 あれから五年 かってのガキは中学三年生です。
姉としては 高校進学を前にして 何かと考えることの多い毎日です。
成績の方は 湘南高は無理としても 進学校のM高校は大丈夫でしょうと 担任に言われ由紀子は気をよくしていますが 肝心の幸太郎の胸の内が解らず イライラする日が続くのでした。
 案の定 悪い予感が的中しました。
「僕 卒業したら就職するから 板前になるんだ 京都に行くから・・・」
弟は 男っぽい口調で説明するのでした。
うちの板長の紹介だという。板長は 盛りを過ぎた老人ではあるけれど 腕も人間も申し分のない職人です。姉弟は 伊豆に来たときから 何や彼にやと世話を受けてきました 彼の話なら 間違いはありません、安心の出来る先行です。
それにしても、いつの間に 二人の間に話が出来ていたのでしょう? 姉の私を差し置いて。年に連れ 幸太郎は 姉から離れて行くみたいで 由紀子は複雑です。
 どうやら 幸太郎は学歴よりも自立を選んだようです
せめて高校ぐらいは と姉としては納得できません。
弟の気性では 説得は無理です。事後承諾しかありません。
 それにしても 口惜しい 高校も卒業させていなかったら
私の立場はどうなるんよう?
将来 もしものことだけれども 幸太郎の父親 私には義父である あの暴力親父だが 又は私たち姉弟を捨てた母親に どこかで偶然にも出会ったとしたら
「あんたら 親やってくれなかったけど 幸太郎の親は 私がやったからね
お前ら 親もやれんで 人間面出来んのかよ?」
と 思い切り侮辱してやろうと算段していたのに・・・
それが駄目になってしまった
 (早く自立して 姉を自由にさせたい)
やっぱり 弟は三年前の”あの日“のことを忘れていないのだ。 別に 姉は弟のために自分を犠牲にしたのではないのに

 京都に向かう幸太郎を小田原駅の新幹線ホームで見送った。 
姉が肝入りで誂えたドスキンのスーツは 今どきの流行にはずれているけど 十五歳の少年は 
最高のご機嫌顏をつくって
「初任給では 先ず一番目に お姉ちゃんにダイヤモンド・プレゼントするからね。
指輪にするかブレスレットにするか 決めておいてください」と 威張って大声を出す。
由紀子は 最近は涙もろくなって抑えるのに苦労をする。 おばさんと言われる年齢ではないけれども・・・
 二十五歳 青春の真っ盛りです。これからが 人生スタートです。
貯金もある、”源氏“もあります。もう 怖いもの何もありません。
                   おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

                   

 

 

 

 

 

 

私の終活 やはり「酒と山と児童少年少女小説」が続きます。中津さんそん

 

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

孫への遺書 七番「施設の子」(16)
正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。
恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?
 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか
寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。
 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。
 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。
弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る。
 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」
と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

 ある夜 由紀子は夢を見ました。
場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。
そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。
「あんた この頃無理していない?」
頭から詰りつける伝法口調だ!
普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。
「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。
あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」
「(う~ん) そうでもないけど・・・」
「なら 何故あんなにベタベタするの?」
すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。
「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)
弟よ もういい。
 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・
いったいどこで覚えたんだろう?
           continue

 

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

孫への遺書 七番「施設の子」(16)
正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。
恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?
 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか
寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。
 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。
 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。
弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る。
 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」
と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

 ある夜 由紀子は夢を見ました。
場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。
そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。
「あんた この頃無理していない?」
頭から詰りつける伝法口調だ!
普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。
「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。
あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」
「(う~ん) そうでもないけど・・・」
「なら 何故あんなにベタベタするの?」
すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。
「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)
弟よ もういい。
 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・
いったいどこで覚えたんだろう?
           continue

 


 
 

 

 

 

孫への遺書 七番「施設の子」(16)
正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。
恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?
 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか
寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。
 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。
 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。
弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る。
 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」
と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

 ある夜 由紀子は夢を見ました。
場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。
そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。
「あんた この頃無理していない?」
頭から詰りつける伝法口調だ!
普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。
「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。
あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」
「(う~ん) そうでもないけど・・・」
「なら 何故あんなにベタベタするの?」
すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。
「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)
弟よ もういい。
 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・
いったいどこで覚えたんだろう?
           continue

 


 
 

 

 

 

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。
恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?
 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか
寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。
 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。
 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。
弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る。
 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」
と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

 ある夜 由紀子は夢を見ました。
場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。
そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。
「あんた この頃無理していない?」
頭から詰りつける伝法口調だ!
普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。
「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。
あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」
「(う~ん) そうでもないけど・・・」
「なら 何故あんなにベタベタするの?」
すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。
「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)
弟よ もういい。
 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・
いったいどこで覚えたんだろう?
           continue

 


 
 

 

 

 

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。
恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?
 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか
寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。
 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。
 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。
弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る。
 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」
と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

 ある夜 由紀子は夢を見ました。
場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。
そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。
「あんた この頃無理していない?」
頭から詰りつける伝法口調だ!
普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。
「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。
あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」
「(う~ん) そうでもないけど・・・」
「なら 何故あんなにベタベタするの?」
すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。
「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)
弟よ もういい。
 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・
いったいどこで覚えたんだろう?
           continue

 


 
 

 

 

 

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。
恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?
 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか
寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。
 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。
 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。
弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る。
 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」
と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

 ある夜 由紀子は夢を見ました。
場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。
そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。
「あんた この頃無理していない?」
頭から詰りつける伝法口調だ!
普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。
「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。
あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」
「(う~ん) そうでもないけど・・・」
「なら 何故あんなにベタベタするの?」
すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。
「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)
弟よ もういい。
 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・
いったいどこで覚えたんだろう?
           continue

 


 
 

 

 

 

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるし。

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなくイライラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きるはの妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る 。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは嬉しいことです。

          

 

 ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 山奥の霧の谷間の小川の川辺でした。

そこだけポッカリ陽光が差し込んでいます。姉と弟が向き合っております。

「あんた この頃無理していない?」

頭から詰りつける伝法口調だ!

普段とはまるで違うお姉さんの目付きに 弟は狼狽して俯いた。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくにしか見えない。

あんた あんなに“あの兄ちゃん”好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど・・・」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると 今度は弟の方が 喧嘩腰に姉に食って掛かった。

「だって 姉ちゃん あいつと結婚するんだろう? そして どっかに行っちゃうんだろう! どうぞ ご自由に行ってください

やはり そうだったのか・・・(姉に捨てられるのが そんなに怖かったのか?)

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで素早く演技をすることは 生きていく上の必須の学習です. こんな乞食じみた芝居は絶対に覚えさせたくなかったのに・・・

いったいどこで覚えたんだろう?

           continue

 

 

 

 

 

 

                

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

   正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないですか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるだろうし・・

 

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなく言ってアイラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きる旨の妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは心強いことです。

ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 霧の谷間の小川の川辺でした。そこだけポッカリ明るくなっています。

姉弟は 向き合って立っております。

「あんた この頃無理してるわね?」

普段とは違う姉の怖い目つき。頭から決めつける伝法口調に 弟は狼狽して俯くばかりでした。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくのように見えるけど・・・」「あんた、あんなに あの兄ちゃん好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると今度は、弟の方が食って掛かった

「だって ねえちゃん   あいつと結婚して何処かに行ってしまうのだろ?

あいつ俺に約束したぜ  お前も一緒に連れてってやるってさ」

 やはり 一生懸命考えたチエでしたか・・・

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで演技していくことは 生きていくためには必っすの学習です。

だけど 弟は何処で覚えたのであろう?   こんな乞食じみた芝居は 幸太郎には絶対させない。

continue。

 

  

 

                

 

 

 

 

 

孫への遺書 七番「施設の子」(16)

   正直言って 青年はあの事件以来落ち込んでおりました。

恋の本命である由紀子とは ルンルンの現在なのに あの弟は謂わば”お邪魔ムシ“であろうに・・・。どうしてそこまで 辛抱しなきゃならんの? 気を利かさなきゃならんのは むしろ あっちの方じゃないの?

 そうです そうです。そんなこと村の大人たちは皆承知しております。 しかしです 相手は未だ十歳かそこらのガキじゃないですか

寄り付かないガキに おいでおいで でもあるまいし。 でも ガキの方から寄ってきたとしたら そりゃあ悪い気はしないものです。 プライドも満足されるだろうし・・

 

 ヨシ この姉弟は一生俺が面倒見てやる と男気は燃えるというものでした。

 由紀子は最近 理由もなく言ってアイラすることが多いのです 落ち着かない。不規則に起きる旨の妙な動悸も気になるところです。

弟の態度が嫌なのだ。 癇に障る。

 女将さんが気づいて「由紀ちゃん どうした?」

と声をかけてくれる。気遣ってくれる人が身近にいてくれるのは心強いことです。

ある夜 由紀子は夢を見ました。

場所は 霧の谷間の小川の川辺でした。そこだけポッカリ明るくなっています。

姉弟は 向き合って立っております。

「あんた この頃無理してるわね?」

普段とは違う姉の怖い目つき。頭から決めつける伝法口調に 弟は狼狽して俯くばかりでした。

「姉ちゃんには まるで腰ぎんちゃくのように見えるけど・・・」「あんた、あんなに あの兄ちゃん好きだった?」

「(う~ん) そうでもないけど」

「なら 何故あんなにベタベタするの?」

すると今度は、弟の方が食って掛かった

「だって ねえちゃん   あいつと結婚して何処かに行ってしまうのだろ?

あいつ俺に約束したぜ  お前も一緒に連れてってやるってさ」

 やはり 一生懸命考えたチエでしたか・・・

弟よ もういい。

 施設の子にとっては 周囲の顔色を読んで演技していくことは 生きていくためには必っすの学習です。

だけど 弟は何処で覚えたのであろう?   こんな乞食じみた芝居は 幸太郎には絶対させない。

continue。

 

  

 

                

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]

 

 

 

 

 [滋晃1]

 

 

 

 

 [滋晃1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 [滋晃1]